OS

パソコンのOS 自作PC

OSとは

OSはOperating System(オペレーティング・システム)の略です。「オペレート=操作する」ためのシステムとなります。

パソコンを動かすためのソフトウェアなので、”基本ソフトウェア”とも呼ばれます。これに対しWordやExcel等のパソコン上で使うソフトは”アプリケーションソフト”と呼ばれ区別されます。基本ソフトウェアとアプリケーションソフトウェアの大きな違いは、基本ソフトウェアは通常、1台のパソコンに1つしか導入できないのに対し、アプリケーションソフトウェアはいくつでも導入することができることです。

OSの役割は多岐に及びますが非常に複雑です。ここではひとまず、OSは様々なパーツを組み合わせた”機械の箱”を、我々が”パソコン”として使えるようにするもの、と覚えてください。

OSの種類

最も有名なものはMicrosoft社の「Windows」Apple社の「Mac OS」でしょう。今あなたが使っているパソコンにも、何かしらのOSが導入されているはずです。OSの違いによって、WindowsパソコンやMacパソコンといった呼ばれ方をします。

OSが違っても同じパソコンであることには変わりませんが、操作感などはかなり異なります。また、OSによってアプリケーションソフトとの”相性”がある点も気を付けなければなりません。Windowsパソコンは家庭や企業に広く普及しており、Macパソコンはデザイナーやクリエイターを中心に根強い人気を誇っています。

上記2つ以外にも、サーバー用の「Linux」や、安価なノートパソコン用の「Chrome OS」など、いくつか種類が存在します。

タイトルとURLをコピーしました