自作PCの作り方と注意点まとめ

自作PCとは 情報技術

はじめに

自作PCとは、自分の好みや用途に合わせてパーツを組み合わせて組み立てたパソコンのことです。市販のパソコンと比べて、コストパフォーマンスに優れ、カスタマイズ性が高いのが特徴です。また、故障したパーツを自分で交換することもできます。

この記事では、自作PCを始めたい人に向けて、その手順と注意点をまとめます。

自作PCの構成

自作PCの構成は、大きく分けて以下の6つに分けられます。

  • マザーボード
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • ビデオカード
  • 電源ユニット

それぞれのパーツの役割と選び方は、以下の表を参考にしてください。

パソコンの構成パーツ

自作PCの作り方の手順

自作PCの作り方の手順は、以下のとおりです。

  1. パーツを用意する
  2. マザーボードにCPUを取り付ける
  3. マザーボードにメモリを取り付ける
  4. マザーボードにストレージを取り付ける
  5. マザーボードにビデオカードを取り付ける
  6. 電源ユニットをパソコンケースに取り付ける
  7. パソコンケースにパーツを取り付ける
  8. パソコンを起動する

やや古い動画ですが、Youtuberのせろりんねさんの動画が非常に参考になります。初心者の方はまずは動画を見ると、理解が進むはずです。

せろりんねさんによる自作PC解説(かわいい)

また、各パーツについて以下の記事で詳しく解説しています。

自作PCに関するよくある質問

自作PCに関するよくある質問やトラブルを以下にまとめました。

まとめ

自作PCは、自分の好みや用途に合わせてパーツを組み合わせて組み立てたパソコンです。市販のパソコンと比べて、コストパフォーマンスに優れ、カスタマイズ性が高いのが特徴です。

自作PCを始める際には、パーツの相性や静電気対策などを事前に調べておくと、スムーズに組み立てることができます。

タイトルとURLをコピーしました