パソコン

パソコンとは? 情報技術

パソコンとは

パソコンはPersonal Computer(パーソナル・コンピューター)の略です。頭文字をとってPCとも言います。当サイトではパソコンをPCと表記する場合がありますが、全て同じ意味で使っています。

「パーソナル=個人の」と言っているのは、昔はコンピューターというのは大型で、個人向けではなかったためです。ちなみに、コンピューターを和訳すると”電子計算機”です。

パソコンの仕組み

パソコンは様々な機能を持つ機械が組み合わさってできたものです。デスクトップ型、ノート型と様々な種類がありますが、基本的な構成は同じです。

具体的には、CPU、マザーボード、メモリ、ハードディスクで構成されます。それぞれの詳細は別の記事で紹介するので、ここでは簡単に役割を説明します。

CPU:パソコンが計算をする場所(人間でいう脳みそ)
マザーボード:CPUやメモリ等各パーツを取り付けるための板
メモリ:パソコンが情報を一時的に覚えておくための場所
ストレージ:データを保存する箇所

ただ、これだけでは装置を組み合わせただけで、ただの置物に過ぎません。このようにパーツとしてパソコンを構成しているものをハードウェアといいます。

ハードウェアに対し、パソコンを我々が使いやすいようにするため、ソフトウェアが用意されています。WindowsなどのOSが有名で、私たちがパソコンをパソコンとして使えるように制御してくれます。また、WordやExcelなどもソフトウェアの一種です。

また、情報を入力するための装置としてキーボードやマウスがあり、情報を出力する装置としてディスプレイやプリンターがあります。これらもハードウェアに分類されます。

タイトルとURLをコピーしました