仮想通貨とは?特徴やメリットとデメリット、マイニング、投資方法について解説

仮想通貨とは マイニング

はじめに

仮想通貨とは、インターネット上でやりとりできるデジタル通貨のことです。法定通貨のように国家による強制通用力(金銭債務の弁済手段として用いられる法的効力)を持たず、主にインターネット上での取引などに用いられます。

仮想通貨は、ブロックチェーンという技術によって支えられています。ブロックチェーンとは、取引の記録を分散台帳に保存する技術です。この技術により、仮想通貨は第三者機関の介入なしに取引を行うことができます。ブロックチェーン技術については以下の記事にまとめてあります。

この記事では、仮想通貨の特徴やメリットとデメリット、マイニング方法、投資方法などについて解説します。仮想通貨について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨のメリット・デメリット

仮想通貨には、以下のメリットがあります。

  • 送金手数料が安い
  • 24時間365日、いつでも取引できる
  • 匿名性が高い

一方で、仮想通貨には以下のデメリットもあります。

  • 価格変動が大きい
  • 詐欺やハッキングのリスクがある
  • 法整備が未整備

マイニングとは?

マイニングとは、仮想通貨のブロックチェーンに取引情報を記録する作業のことです。マイニングを行うことで、報酬として仮想通貨を受け取ることができます。

仮想通貨のマイニングには、以下の3つの種類があります。

  • クラウドマイニング
  • プールマイニング
  • ソロマイニング

クラウドマイニングは、マイナーに投資する方法です。自分ではマイニングを行わず、投資者を募っているマイナーを探して投資し、マイニングで得られた報酬から配当をもらう形です。株式投資における投資信託にあたります。自分では専用のPCを用意できない、もしくはマイニングの知識がない場合でも、事実的にマイニングに参加できるというわけです。

プールマイニングは、複数人でマイニングする方法です。自分がマイニングに失敗した場合でも、プール(チーム)のメンバーがマイニングに成功すると、その報酬を受け取ることができます(ただし、報酬量は仕事量に合わせて支払われる)。リスク分散型のマイニング手法です。

ソロマイニングとは、文字通り1人でマイニングを行う方法です。ソロで行うのは難易度もリスクも高いですが、その代わり報酬は全て自分が受け取れます。クラウドマイニングやプールマイニングのように、仲介料などもかかりません。ソロマイニングについては以下の記事で詳しくまとめてあります。

投資対象としての仮想通貨

仮想通貨は、投資の対象としても注目されています。仮想通貨の価格は変動が大きいため、大きな利益を得られる可能性があります。

しかし、仮想通貨はリスクの高い投資商品です。価格変動や詐欺、ハッキングのリスクを十分に理解した上で、投資を行う必要があります。

まとめ

仮想通貨は、インターネット上でやりとりできるデジタル通貨です。法定通貨とは異なる特徴やメリット・デメリットがあり、投資の対象としても注目されています。

仮想通貨に興味がある方は、まずはその特徴や仕組みをしっかりと理解しておくことが重要です。また、投資を行う際には、リスクを十分に理解した上で、慎重に判断するようにしましょう。

  • 仮想通貨の種類
  • 仮想通貨の取引所
  • 仮想通貨の税金
タイトルとURLをコピーしました